BLOG

新着ニュース

ホンジュラス ロスケッツァーレス ウォッシュト販売開始🇭🇳


爽やかめのシングルオリジンに新しい銘柄が入荷しました🙌
ホンジュラスの名産地サンタ バルバラ地区にあるロスケッツァーレス農園第一弾、ウォッシュトプロセスロット。アプリコットやチェリーのような優しい果物感にアーモンドのような香ばしい風味も併せ持つコーヒーです☕️

ホンジュラス ロスケッツァーレス ウォッシュト
http://unir-coffee.shop-pro.jp/?pid=167112474


農園主ペドロ・サガスチン・エナモラドさんは、祖父とお父さんがコーヒー栽培を行う家に生まれ、一緒に働いていく中でコーヒーの育て方を学びました。


1978年、ペドロさんはお父さんから小さな区画をもらい受け、そこで自分のコーヒーを生産し始めます。その収入でさらに多くの区画を購入し、そこでもコーヒーを栽培しました。
子供たちのサポートもあり、彼の農園はどんどん大きくなっていきました。


2011年に彼はエルサウセ村に新たに土地を購入し、幻の鳥ケツァール(Quetzal)にちなみこの農園をロスケッツァーレス(Los Quetzales ※Losは冠詞、esは複数形)と名付けます。
ロスケッツァーレス農園ではオーガニックでコーヒーを栽培し、肥料は自作したものと購入したものの両方を使用しています。
この農園はやや急な斜面に面しており、風の通りも良く、また十分な湿度が感じられ乾燥していません。自然の多い国立公園が近くにあることもあり、霧や雲が発生しやすい環境です。

2014年、ついにロスケッツァーレス農園でコーヒーの収穫が始まります。そのクオリティの高さから、ここがスペシャルティコーヒーの生産に適したテロワールであることをペドロさんは確信します。
それ以降、スペシャルティコーヒーの生産に特化した農園として、マイクロロットの栽培に努めています。

ペドロさんのさらなる目標として、ゲイシャ種やSL28種のような高品質な品種の栽培や、
乾燥工程をハイクオリティに安定して行うため、大型乾燥機の導入を考えています。

2019年に代表山本もこの農園を訪れ、それ以来Unirではペドロさんのコーヒーを継続し買い付けています。
第二弾としてこの農園のハニープロセスロットも販売予定❗️

本店・阪急うめだ店・名古屋店・京都店ではエスプレッソドリンクをこのホンジュラス ロスケッツァーレス ウォッシュトで提供しております。ぜひお試しください😁